ヤゲンなんこつとは?部位は?食感は?

今回紹介するのは、薬研なんこつです。

肉が付いたままの胸骨の先端部=薬研(舟形で中央が深くくぼんだ、漢方薬材を粉砕するための道具。

形が似ていることからこう呼ばれる。)のことです。

写真の串は肉と骨をあわせたものではなく、もとの姿そのままを切って刺してます。肉ははらみです。

薬研とはらみの、それぞれ食感が違うコリコリ感のアンサンブルが楽しいです。歯ごたえのある薬研は噛んでいるうちにやわらかくなり、軟骨特有の味がにじんできます。

そこにはらみの脂が混じり合って食感ほどよくなり、食べごたえもあります。肉の甘さがやわらくなんこつをくるむ塩梅がいいです。女性に人気です。味付けには塩がいいです。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。