内ももとは?部位は?食感は?

 

今回、紹介するのは、内ももです。

後ろ脚のつけ根の内側部分、いくつかの筋肉が集まった、大きなかたまりの赤身肉をいいます。

牛肉の各部位のなかでもっとも脂が少なく肌理はやや粗いがやわらかいです。

全体的に大味で風味が乏しいとされるものの、焼肉から煮込み料理まで利用範囲は幅広く、ほとんどの牛肉料理に使われています。

薄切りにしてステーキやローストビーフ、牛カツなどに、刺身、叩き、しゃぶしゃぶなどにも向いています。

噛みしめても脂を感じることはほとんどなく、弾力のあるしっかりした噛み心地が、いかにも肉らしくていいです。

これこそ肉のカタマリですね。タレで食べたいです。。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。