ウルテとは?部位は?食感は?

 

今回、紹介するのは、ウルテです。

ウルテは、直径3~5㎝ほどの気管の軟骨のことです(食道の軟骨をウルテと呼ぶこともある)。

そのまま焼いてかじるにはちょっと硬すぎるため、

輪切りしてから包丁で丁寧に叩き、

さらに細かい切れ目を入れて、

誰にでも食べやすいように処理してあります。

 

最大の特徴は、味よりまず食感にあります。

噛み心地は「コリコリ」あるいは「カリカリ」か、それとも「カリコリ」です。

いずれにせよ歯に快く、いつまでも飽きない嚙み心地です。

よく焼いて食べるのもいいが、それでもなお歯ごたえがあり、さくさく噛めば、精妙な味がしみじみ湧き上がってきます。

ぜひご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。