馬たてがみとは?部位は?食感は?

今回、紹介するのは、馬たてがみです。

たてがみの生え際です。

コラーゲンが凝縮された部位です。

生食がほとんどながら、味・栄養価・効能を考えて、あえて番外として取り上げました。

馬油は、広汎な利用分野と高い効能で知られます。

なかでもたてがみだけで作る馬油は、料理の油代わりに、あるいは美容液代わり、傷薬代わりと、どのように用いても「最高」です。

たてがみの刺身は、とても美しいです。

歯ざわりプルプルで、さらりとした甘さは、きれいに口に溶けて、後には幸せな気分と「きっとキレイになれる」との期待がふくらみます。

つまり「食べなきゃ損!」というわけです。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。