馬ホルモンとは?部位は?食感は?

今回、紹介するのは、馬ホルモンです。

馬の場合は腸一般ではなく、直腸のみを指します。

内臓のうちではもっとも稀少で、また一番の高級部位でとされます。

開いて丁寧に下処理を済ませてから、食べごろの大きさに切ります。

部位が部位だけに万が一のことも考えて、しっかり焼いて食べることが大事です。

でも、焼くほどに香ばしさが高まるのがうれしいです。

ムニュムニュの歯ざわり、ニュルッととした舌ざわりと、独特の食感に加えて脂もたっぷりでいかにも「これぞモツの王道」と感じさせます。

モツならではの豊かなコクが楽しめます。

味噌煮込みもおすすめです。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。