特選芯ロースとは?部位は?食感は?

広告

今回、紹介するのは、特選芯ロースです。

最高級肉のリブロースの、芯に当たる部分の肉です。

肌理・ツヤ・さしの入り具合いがいずれもすばらしく、これこそリブロース中のリブロースです。

1頭から取れる量が極わずかしか取れない超レアな部位だから、当然お値段もぐんと上がります。

筋はまったくなく、嚙み心地と舌ざわりのやわらかさ、滑らかさは練り絹のようです。

さしが十分に入っていながら味はしつこくもなくどくもなく、ほどよい甘さが優しく舌の上にひろがります。

甘さ、やわらかさ、舌ざわり、肉と脂のバランスは最高です。

どれを取っても文句のつけようのない、いわばいいとこ取りの超弩級の逸品です。

ぜひ、ご堪能下さい。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする