たいの刺身は皮つきがおいしい。だから、湯をかける?

たいの刺身は、皮ごと食べた方がおいしいです。

その方が旨みがあり、甘みも感じやすいからです。

ただし、皮は固くて、そのままでは、噛み切れません。

そこで、皮にだけ熱湯をかける「湯引き」という手法を用います。

まず、まな板に皮を上にしてたいを置きます。

次に、たいに布切れをかぶせ、熱湯を上からさーっとかけます。

すぐに冷水に取らってあら熱をとります。。

こうすれば、身は生のままで、皮にだけ熱をいれることができます。

魚屋でおろしてもらうときは、「ぜひ、皮付きで」と、頼んでみて下さい。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。