しまちょうとは?部位は?食感は?

広告

今回、紹介するのは、しまちょうです。

大腸のうちでも特にやわらかく、脂が縞状に入った希少性の高い上質部分をいいます。

(大腸全般を称することもあります。)

縞が入った腸だから縞腸=しまちょうと、名前の由来はまるちょうと同次元です。

身質はコプチャンよりも厚く、やや硬く、脂肪も少なめ(といってもたっぷりついている)だから、ちょっと大きめにカットします。

むにゅっとした歯ごたえに脂は濃く甘く、噛みしめるほどに味わいは深くなります。

脂は濃いが割とあっさりしていて、しかも焼くときに好みで残し方を調節できるから、味もカロリーも自分流でいけます。

ぜひ、ご堪能下さい。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする