サーロインとは?部位は?食感は?

今回はサーロインを紹介します。

腰(ロイン)に近い部位のロースのことで

ロース中の最高峰とされています。

中でも3種類のロイン(リブロース、サーロイン、テンダーロイン)のでは、

特に肉質がよいことから、Sir(サー=~卿)の称号が与えられたことに由来します。

まさに、あらゆる牛肉界でもOKの「牛肉界の貴族」ともいえますね。

脂を多く含む肉ですので、肉自体は、きめ細かく柔らかく、

肉のコクと良質の脂がともに溶けて、

しっかりと濃い風味が口の中に広がります。

これは肉好きには、たまらない大人の味です。

塩を少々効かせてレアで、

わさび、あるいはレモンで堪能したいですね。

個人的には、レモンのほうが、脂の甘さがいっそう引き立つかも。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。