ミノ(サンドミノ)とは?部位は?食感は?

今回、紹介するのは、ミノ(サンドミノ)です。
ミノ(第一胃)はホルモンと並ぶモツ焼の定番です。


切り開いた形が蓑(茅などで編んだ雨合羽)に似ていることからこの名がついたといいます。肉のつき方が人間の掌に似ているといい、肉薄の部分ミノ、脂が付着した肉厚の部分を上ミノ(サンドミノ)と呼びます。
下ごしらえの際、繊毛が密生している皮を剥ぎ、そのままでは硬くて食べにくいため、包丁で切れ目を入れます。
引き締まった身の、こりっとした張りのある歯ごたえがいいです。

貝柱を思わせる淡い甘さと品のいい味わいは、これぞモツの王者です。
サンドミノの名は、身が脂を挟んでいるような姿からきています。
ぜひご堪能下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。