鴨タンとは?部位は?食感は?

今回、紹介するのは、鴨タンです。

カモノシタであって、カモノハシではありません。

鴨の端(くちばしのこと)の奥にある、鴨の舌のことです。

6つ並んだ小さな舌が、かつてどんな風に鳴き交わしていたのかを思えば、粗末に食べるわけにはいきません。

心して味わないといけないです。

タンといいながら想像以上にやわらかく、しかも歯触りはコリコリで脂ものっています。

こちらは皮を付けたまま生醤油で焼くにしても、牛・豚のタンとはずいぶん違います。

とろける部分と歯ごたえが一緒になって、しっくり融合しています。

中国料理の超高級食材の一つです。

この串1本が6羽分です。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。