骨付きカルビとは?部位は?食感は?

今回、紹介するのは、骨付きカルビです。

あばら骨を取る前の特上カルビ、と言えばわかりやすいのでは?。

みっしりと骨を包む、ピンクの肉と純白の脂が美しいです。

そして威風あたりを払う、この重量感。

「これを食わなきゃ焼肉屋に行く意味がない」とうそぶく通も少なくない、人気の部位の一つです。

手と口の周りが脂まみれになるのも構わずかぶりつけば、肉も脂もこってりと濃く甘く、深い味わいがゆっくりとのどを滑って舌と胃を結びます。

といっても、特にくどい分けでもなく、そう、これは「牛の大トロ」と呼ぶのにピッタリです。

骨にこびりついた肉は残さず食べたい。

ぜひ、ご堪能下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。