豚タンとは?タンもととは?部位は?食感は?

今回紹介するのは、豚タンです。

豚タン(舌)は牛タンに比べてずっと小さく、脂肪もこくも少なくてあっさりしています。

先端よりも根もとのほうがやわらかく脂肪が多いのは、牛タンと変わりません。

血を丁寧に抜くなど下処理をきちんとすることで、臭みが抜けて味わいが増します。

下処理が済んだらタンもと部分を切り離します。

正肉よりもビタミンA・B2、鉄分、タウリンを多く含み、高栄養で低カロリーです。

薄切りが普通だが、上質のタンなら写真のような厚切りもOKです。

バター焼き、網焼き、シチューにも向いています。

豚タンとは

したゆでしてまだ熱いうちに表面の皮をむき、それから調理するのが一般的です。

上質のタンなら皮をつけたまま供することもあります。

(上掲写真の豚タン、タンもとはいずれも生です)。

歯ごたえがあり、普通は薄切りにするが、写真の一品は上質・新鮮な豚タンならではの厚切りです。

さくさくの歯切れと丸みのある食感がすばらしいです。

たんもととは

豚タンの付け根をいい、やわらかくて脂肪も十分。1頭から約50㎏、この写真の量くらいしか取れないです。

さっと炙る程度に焼けば硬くならず豊かな肉汁も楽しめます。

刺身にも最適の、売り切れ必至の超人気部位です。

ぜひ、ご堪能ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。