腰痛を予防・改善する食材と腰痛改善が期待できる料理は!カツオのたたき、なめこ汁、納豆等!

腰痛を予防・改善する食材と腰痛改善が期待できる料理は!

私は痛みに効く食材についても調べています。最近はネットでほぼ調べられますね!生姜やニンニクも痛みや冷えに効くと聞いたので、紅茶に生姜をすって入れて飲んでいます。約3週間食養生に切り替えました。2キロは痩せましたが、目標の5キロ減量まではなかなかです。元が痩せていたので太りだして、膝が痛くなり、太るという事は中性脂肪が多い

だけではすまないなぁ?と思っています!リスクが多いので健康になる為には、どうしても5キロは痩せないと!私も💊飲んでいますが、痛みが食べ物で治すことができるのならば、そのほうが身体に副作用がなくていいですね!

 

腰痛を予防・改善する食事と栄養素は!

腰痛を予防・改善する食事を知るには、どんな栄養素を含んだ食材・食事が良いのかを調べてみました。腰痛の予防・改善の効果が期待できる栄養素として、研究で示されているものとしては、以下のものがありました。

腰痛を改善する栄養素と食材!

 

◆ ビタミンB1

筋肉や神経の緊張を正常に保つ効果があります。

ビタミンB1を含む食材:豚肉、大豆、玄米などの穀物類、にんにく、レバー、卵黄など

※ビタミンB1とカルシウムは神経や筋肉の緊張を和らげる効果があります。身体的、精神的ストレスによって筋肉が強張っていたり、自律神経のバランスが崩れている場合はこれらの栄養素を摂取するようにしてみてはいかがでしょうか?

◆ ビタミンC

靭帯や筋肉の腱、骨に必要なコラーゲンの合成に必要と言われています。
ビタミンCを含む食材:赤ピーマン、アセロラジュース、キウイ、パセリなど

◆ ビタミンD

カルシウムの体内バランスを整えたり、骨や筋肉を健康な状態に保つ役割があります。

ビタミンDを含む食材:さんま、イワシ、うなぎなど

◆カルシウム

一般的に歯や骨を作るもののように思われていますが、それ以外にも神経を安定させたり、体内のイオンバランスを正常に保つ作用や筋肉を収縮するために必要不可欠な栄養素です。カルシウムを含む食材:乳製品、小魚、豆製品、青菜など

 

◆不飽和脂肪酸

腰の関節(椎間関節)を丈夫に保つ作用があります。

不飽和脂肪酸を含む食材:肉類、卵、ごま油、さば、イワシ、ほうれん草など

●加齢に伴い、骨や靭帯、関節などの身体の組織が衰えてしまう年代にはビタミンD、カルシウム、不飽和脂肪酸を含む食材を摂取するようにして、身体の組織を丈夫に保つよう工夫するのも必要かと思います。

 

腰痛が緩和し期待できる料理の一例!

少しでも役立つように、腰痛の改善に良いと言われている栄養素を含む料理の一例をご紹介します。

カツオのたたき、なめこ汁、納豆
玄米ご飯、キウイ入りヨーグルトなど。

一つの例として、このような料理を紹介しました。

 

筋肉痛にはショウガ→研究者によればショウガに含まれる成分ジンゲロールに、抗炎症性や抗酸化性、また痛みを緩和する働きがあるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です