レモン酢の効果は!腸内環境が改善、ダイエット、コレステロールや中性脂肪が減少!その2 

レモン酢の効果、効能は!

こんにちは。今日はほぼ1日中、要らないものを分別したり部屋を片づけたりしていました。Aぁ疲れたなぁ!疲れた時には酢が身体にいいですね。私は今年レモン酢を作りました。一昨年までは梅酒などのフルーツ酒を作っていましたが、酢が身体によいと聞いてから、昨年からはフルーツ酢をつくっています。今回はレモン酢の効果について調べてみました。

レモン酢はレモンと酢と砂糖を組み合わせただけなのに、それぞれが持つ働きの相乗作用で効果が何倍にも得られます。レモン酢には、沢山の健康効果があります。私も飲んでいます。

コレステロールや中性脂肪減少に役立つ

レモンが含むエリオシトリンやヘスペリジンといった成分には、悪玉コレステロールの酸化を抑え、コレステロールの過剰な上昇も抑える作用があります。また、酢には体内の余分な脂質(コレステロール、中性脂肪など)を減らす働きがあります。

ダイエットに役立つ

レモン酢の主成分である酢酸がやせるカギ! です。酢酸は食べたものをエネルギーにしていく仕組み「クエン酸回路」を活性化します。血中の余分な脂肪を減らし、必要以上の体脂肪の合成や蓄積も防ぎます。また、酢に砂糖が溶けることで、酢の代謝を高める作用がさらに活発になります。

腸内環境に役立つ

人間の腸には約100兆個もの菌が存在するとともに、全身の60~70%ほどの免疫細胞が存在しています。酢の力で善玉乳酸菌のビフィズス菌が増えることで腸内環境が改善されます。免疫力がアップするだけでなく、便秘の解消などにも効果的です。

◆どこでも手に入る材料で、手軽にできて、おいしくないと食べる健康法は続きません。続けることが効果を得るために大切なことです。レモン酢はそのまま飲んでももちろんおいしいですし、調味料の一つとして下味や酢の物にと、広く使うことができます。

 

♦レモン酢はそんなフルーツ酢の中でも、最も人気が高く、効果も絶大です。1日大さじ2杯のレモン酢で免疫力のアップ、元気な体を維持してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です