レモン酢の効果、効能は!その1 動脈硬化の予防、美肌、疲労回復に

レモン酢の効果、効能は!

 

こんにちは。私は今年はリンゴ酢とレモン酢を作りました。一昨年までは梅酒などのフルーツ酒を作っていましたが、酢が身体によいと聞いてから、昨年からはフルーツ酢をつくっています。今回はレモン酢の効果について調べてみました。

レモン酢はレモンと酢と砂糖を組み合わせただけなのに、それぞれが持つ働きの相乗作用で効果が何倍にも得られます。レモン酢には、沢山の健康効果があります。私も飲んでいます。

 

1.動脈硬化の予防に役立つ

レモンの皮のすぐ下には、エリオシトリンやヘスペリジンといったフラボノイド類が豊富です。フラボノイド類は病気や老化の原因となる活性酸素に対する抗酸化作用が非常に強力です。動脈硬化の一因となる活性酸素を除去し、血管をしなやかにします。

2.血圧の正常化に役立つ

動脈硬化が改善されることで、血液がスムーズに流れるようになると血圧が安定します。酢にはアミノ酸が結合して吸収されやすい状態になったペプチドが存在し、やはり血流をよくします。また、酢が含むアデノシンには血管の拡張作用があります。

3.疲労回復に役立つ

レモンの皮のエリオシトリンや果肉に多いビタミンCは、老化や病気の元凶となる活性酸素を抑える働き(抗酸化作用)が非常に優れています。また、レモンと酢の成分・クエン酸がクエン酸回路を活性化して代謝がよくなり、疲労物質を取り除き、乳酸を燃焼。疲れた体の回復に役立ちます。

4.美肌に役立つ

レモンに含まれるビタミンCが、肌のハリを保つコラーゲンの合成を促進します。また肌のキメやハリ、潤いを保つアミノ酸を酢から摂取できます。そのためレモン酢を続けてとっていると色が白くなる、肌ツヤがよくなるなど、うれしい美肌効果を実感できます。

◆どこでも手に入る材料で、手軽にできて、おいしくないと食べる健康法は続きません。続けることが効果を得るために大切なことです。レモン酢はそのまま飲んでももちろんおいしいですし、調味料の一つとして下味や酢の物にと、広く使うことができます。

 

酢が体にいいことは皆さんよくご存じでも、実際に食べる回数は昔に比べると減ってはいませんか。酢に果物を漬け込んだフルーツ酢は、酸味がマイルドになり食べやすく、なによりおいしいお酢になります。レモン酢はそんなフルーツ酢の中でも、最も人気が高く、効果も絶大です。1日大さじ2杯のレモン酢で免疫力のアップ、元気な体を維持してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です