レモン酢の効果、レシピ、肥満、脂肪過多、糖尿病、高血圧が改善されるレモン酢!

レモン酢の効用

こんにちは!私はレモンは、ローラが朝レモン一個を絞って白湯で割ってレモン水を飲む!という記事でレモン水を飲み始めました。また酢はバナナと黒砂糖を豆乳で割って飲んでいます!でも最近は、別々に作るのは面倒なのでレモン酢を作っています!レモン酢の効用としては、脂肪を減らす、ダイエットに適している、糖尿病に効果がある、高血圧を低下させる。また肥満、脂肪過多に悩まされている人は、これらの病気を解決しなければなりません。

そこであらゆる薬が開発されていますが、一向に改善されませんよね。ある健康雑誌から私はレモン酢に関心を持つようになりました。その健康の本には、一向に改善されなかった肥満、脂肪過多、糖尿病、高血圧が全部一度に改善される方法がレモン酢だったのです。特に内臓脂肪、皮下脂肪の多いメタボの人で肥っている人は、半年間、スプーン2杯のレモン酢を飲むだけで、ほとんどの人が、10kg~30kg体重が減っているそうです。

レモン酢の効果

レモン酢の効果を見てみましょう!

  • 酢には脂肪を中和させる作用がある→最大の特徴は、酢には脂肪を中和させる作用があるという事です。カロリーの多い食事には必ず脂肪分が多量に含まれています。 

 

  • 脂肪分を分解させるため胆汁が活躍しますが、その前にレモン酢が脂肪分を緩和させている為、胆汁の負担が軽くなり、胆汁が活躍しやすい状態になっているのです。

 

  • レモン酢は毎日摂取していると、内臓脂肪、皮下脂肪、などが多い、メタボの人にとっては腹をへこませるのに、最も良い食品と言えます。ただし、1年間続けてみないとはっきりと効果はでません。

 

  •  高血糖、動脈硬化、糖尿病の人にも良い効果があります。それは血液中にある中性脂肪を中和させるため、血液がサラサラになるからです。

 

  •  レモン酢が癌に効くというのは、上記のように結果として内臓全般に良い影響を与え、免疫力が向上して癌に対しても効果的に作用するのです。レモン酢の直接的な作用としては、酢は酸性食品ですが、体内に入るとアルカリ性に変化します。その影響で体内が弱アルカリ性の体質に変化しやすくなり、癌の住みにくい体質となります。

 

レモン酢のレシピ

1、梅干しをつける、5リットルの瓶を用意します。穀物酢2㍑、レモン5個、氷砂糖700gが材料です。

2、レモンはたわしで表面を良く洗います。水気をよくふき取ってから、皮ごと5ミリの厚さで輪切りにします。

3、5リットルの瓶の中に穀物酢、レモン、氷砂糖を入れて撹拌します。常温のところで2週間置くと出来上がりです。最初の5日間は毎日1回、瓶をゆすって撹拌してください。

4、大スプーン2杯をコップに入れ、お湯、又は水で割って、飲みやすい状態にして飲みます。残ったレモンの皮は料理に少しずつ加えて使います。料理の味が引き立っておいしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です