リンゴの効果!注目の栄養素ペクチンが豊富で腸の調子を整え血糖値やコレステロール値を下げる効能!

 

こんばんわ。リンゴ🍎は上の孫が大好きです。私も好きですが週に1個しか食べません。でもリンゴ🍎サワーをするので楽しみにしています。今食養生で体重と中性脂肪を落としています。努力した甲斐があり2キロ減量しました。でもコンビニ🏪等に行きから揚げとか見ると食べたくてたまりません。だから週に一回は好きな物を食べています。ですので中々減量に成功しませんが、根気よく続けます。今回はりんごの🍎の効果について調べてみました。

リンゴの成分と効果

1、ペクチン

りんごで最初に注目すべき栄養素はペクチンですね。ペクチンとは、食物繊維の一種で、りんごの皮と果肉に含まれています。ペクチンは腸の有害物質を排泄する働きがあり、腸の調子を整える効能があります。そのため、便秘を解消する効能が期待されます。なお、下痢の時には善玉菌を増殖させる作用もあります。ペクチンには、そのほかに血糖値を下げる効果やコレステロール値を下げる効能も期待できます。

 

2、ポリフェノール

りんごはポリフェノールも豊富で、老化やがんの予防効果です。りんごには、アントシアニンやケルセチンといったポリフェノールの栄養成分が豊富に含まれており、活性酸素を除去する効能があります。また、体内の活性酸素が除去されることにより、老化防止やがんの予防効果が期待できます。

 

3、カリウム

りんごにはカリウムも豊富で、細胞内の水分量や血圧を調整する効果があります。カリウムはミネラルに分類される栄養素で、細胞内の水分量を調節したり、血圧を安定させたりする効果があります。また、筋肉の収縮を正常に行う作用もあり、私たちの健康維持に欠かせない栄養の一つです。

 

4、ビタミンC

りんごにはビタミンCも含まれています。ビタミンCには、カラダの酸化を防ぐアンチエイジング効果、ストレスの軽減、美肌効果、免疫力の向上といった効能があります。りんごなどを食べてこまめにビタミンCを補充したいですね。

 

5、リンゴ酸やクエン酸

りんごにはリンゴ酸やクエン酸といった有機酸が含まれています。りんごの酸っぱさは、これら有機酸からきています。ちなみに、リンゴ酸はりんごから発見されたことが由来となっています。リンゴ酸やクエン酸は、ともにTCAサイクルの合成を円滑にする働きがあり、疲労回復に効果的です。りんごに含まれているクエン酸やリンゴ酸は、すりおろすと細胞膜が壊れ、酵素が活発になる性質を持っています。りんごをすりおろして食べるのも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です