バナナに含まれる嬉しい栄養成分と効果は!正しい朝バナナダイエットのやり方は!

バナナに含まれる嬉しい栄養成分と効果は!

 

こんにちは。私はバナナは黒砂糖とリンゴ酢と一緒に
食べたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりします。でも最近は飽きました。でも何年か前に話題になったバナナダイエットは、実践したいですね。朝バナナダイエットは芸能人にも人気ですね。ある人は3か月で約5㎏、ある人は約7㎏のダイエットに成功したことで話題になりましたね!

朝バナナダイエットは、朝食をバナナに変えるだけですね。ダイエット初心者でも簡単にできるのも特徴です。バナナ1本のカロリーは100キロカロリー未満です。ご飯などは400キロカロリー近くなので、かなりのカロリーオフにもなります。

今回は正しい朝バナナダイエットのやり方を覚えましょう。朝バナナダイエットはやり方次第で効果が全く変わってくると言われています。痩せないという人は、もしかすると朝バナナダイエットの方法が間違っていたのかもしれません。正しい朝バナナダイエットの方法を知って効果を感じるようにしましょう。

 

正しい朝バナナダイエットのやり方

朝食はバナナ1~2本と常温の水だけ!

朝、バナナを食べればいいというものではありません。実は、バナナと一緒に常温の水を飲むことも大事です。コーヒーや野菜ジュースなどは駄目です。朝バナナダイエットの時は常温の水が決まりです。

朝バナナダイエットは、胃腸に負担のない常温の水が最適ということで、バナナも胃腸の負担を軽くするために良く噛んで食べるのがポイントです。※食後30分を過ぎればコーヒーなどを飲んでもいいです。

 

バナナに含まれる嬉しい栄養成分と効果は

バナナは、100gの中に炭水化物が22~25g含まれています。バナナに含まれる炭水化物の3分の2は食物繊維、3分の1がブドウ糖でできています。ブドウ糖はすぐにエネルギーになるため、朝食べるとダイエットだけでなくエネルギー源にもなります。

1.カリウム→むくみ予防に効果的

実は、果物の中でカリウムを1番多く含んでいるのがバナナです。カリウムには、体内の余分な水分を排出する機能があるため、女性の大敵であるむくに予防にもなります。また、むくみを予防しながら脂肪燃焼も行うのでダイエットには効果的です。

2.食物繊維→便秘解消や腸内環境改善に効果!

バナナは食物繊維が豊富な食べ物です。食物繊維は便秘の解消はもちろん、腸内を綺麗にしてくれるため、腸内環境の改善にも効果があります。

3.ビタミンB群→代謝アップの手助け!

ビタミンB群は、皮膚や粘膜保護だけではなく、糖質や脂質の代謝アップを手助けする効果があります。

よくスポーツ選手が運動をする前、栄養補給にバナナを食べますね。それはバナナに含まれるブドウ糖を、ビタミンB群が含まれていることで効果的に燃やしてくれるため、エネルギーになるからです。

4.ペクチン→コレステロール値を抑える!

バナナには、ペクチンも含まれています。ペクチンとは食物繊維の一種で、コレステロール値を抑える働きがあります。ペクチンはその他にも、血糖値上昇の抑制疲労回復にも効果があると期待されています。

5.ヒスチジン→食欲を抑える働き!

必須アミノ酸の一種であるヒスチジンも含まれています。ヒスチジンには、食欲を抑える働きがあります。ヒスチジンは体内で作ることができないため、食品バナナやサプリメントで摂取しなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です