デブる三大食スタイルと改善法 太る原因をつくる代表的な食事スタイルは3つ。

デブる三大食スタイルと改善法 太る原因をつくる代表的な食事スタイルは3つ。

 

ダイエットは、いくら糖質コントロールをしていても1日3食しっかりとるが基本スタイルです。。生命維持のために最低限必要なエネルギーである基礎代謝量を下回らないようにしましょう。1日に必要なエネルギー量は性別や年齢、運動強度、1日の活動レベルなどにより異なりますが、

ライザップ等では、そこから500~1000キロカロリーを引いたカロリー摂取をまずは目指しているそうです。

 

デブる三大食スタイルと改善法

太る原因をつくる代表的な食事スタイルは3つ

 

ダイエットータイプ

朝は野菜やスムージー、昼はパスタランチやサラダバー、夜は飲み会に出かけるような食生活です。女性やダイエット経験が豊富な人に多くみられます。

改善法

朝はたんぱく質源となるゆで卵、豆腐、納豆などに替える。冷えに悩んでいる場合は、あたたかいスープもおすすめですよ。

 

朝食抜きタイプ

出勤前にコーヒーだけ飲み、会社に着いておにぎり1個を食べるというようなパターンだそうです。昼は丼物、夜はボリューミーな食事になりがちです。若者などに多くみられます。

改善法

まずは朝食をとる習慣を身につける。おにぎりよりも、そのまま食べられるサラダチキンや卵(ゆで卵・目玉焼き)などを選ぶのがベター。昼はしっかり食べ、夜はボリュームを抑えた食事に。

 

飲み会重視タイプ

週末は家で食事をとり栄養バランスが整うものの、ウィークデーは外食続きで、飲み会が多く、飲酒量が過多で食事に偏りありというパターンの人です。サラリーマンや営業職の人に多い傾向があります。

改善法

刺身や焼き鳥など、糖質を含む調味料を使っていないメニューを頼みましょう。アルコールは蒸留酒を選んで糖質オフにしましょう。ペースを落とすなどして量を控えましょう。

 

まとめ

♦ライザップでは、このように一人一人に合わせた食事改善方法をマンツーマンで毎日提供しているそうです。牛肉や豚肉、魚介類、チーズなど、結果につながる食材を選ぶことがダイエット成功の秘訣ですね!痩せたいなら食べるを念頭に、不規則な食生活を見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です