ゴーヤは血糖値を下げて糖尿病を改善し肥満を予防 高血圧にも有効な健康食材!

糖尿病を改善 ゴーヤは血糖値を下げ、肥満を予防 高血圧にも有効な健康食材!

こんにちわ!今年は猛暑ですね。8月末になるのに、いつまでも暑さが続きますね!孫たちは今日から新学期です。秋休みがあるので、夏休みが5日短くなるのだそうです。宿題をしてなくて15日から1日8ページ位して、どうにか宿題は終わらせました!だから来年の夏休みは宿題を早く終わらせようねと約束しました!

今日はゴーヤの効果について調べてみました。

ゴーヤは、まさに万能薬といってもよいほど多くの健康効果に恵まれた食材ですが、毎日ゴーヤ料理を食べるとなると大変です。ゴーヤ茶は、作り置きしておけば、数日間は保存がきき、手軽に有効成分を摂取できるという長所があります。健康効果の一つに糖尿病の改善があります。三浦俊宏(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授)より引用しました☟

共役リノレン酸が、脂肪燃焼を促進させることは、インスリンの働きも助けますから、その面からも、糖尿病の予防・改善に役立つでしょう。ゴーヤ茶や、ゴーヤ料理を毎日のメニューの中に取り入れて、ゴーヤの健康効果を活用しましょう

 

ゴーヤは血糖値を正常化する動物実験で実証

ゴーヤは、最近では沖縄に限らずどこでも売られており、すっかりポピュラーな野菜になったといえるでしょう。まず第1に取り上げたいのは、ゴーヤの糖尿病に対する効果です。
● Ⅰ型糖尿病
もともと膵臓の機能に障害が起こって生じるタイプで、インスリン依存型といわれます。
● Ⅱ型糖尿病
肥満や偏った食事など、生活習慣によって引き起こされるタイプで、インスリン非依存型です。この2種類の糖尿病のうち、現在、日本の糖尿病患者のおよそ9割以上が、Ⅱ型糖尿病です。生活習慣から引き起こされるⅡ型糖尿病の場合、食事療法と運動療法が、治療の2つの大きな柱です。
このⅡ型糖尿病について、ゴーヤは、どのような効果を発揮するのか、マウス(実験用のネズミ)を使って実験を行いました。糖尿病のマウスに、1日1回、体重1㎏当たり100mgのゴーヤの抽出物を与えます。
実験は3週間行い、ゴーヤを摂取する前、マウスの血糖値は、500mg/dLを超え。ゴーヤを摂取すると、血糖値は徐々に低くなっていき、3週間後には、300mg/dL近くまで低下。マウスの実験の場合、それぞれ、実験前のマウスの血糖値は、400mg/dL。運動療法のみの群では、270~280mg/dLまで血糖値が下がりました。ゴーヤを食べさせた群は、250㎎/dlまで下がりました。そして、ゴーヤ+運動療法の群は、最も効果的で150mg/dLまで下がり、マウスの正常値まで血糖値を下げることができたのです。この実験によって、ゴーヤを食べて運動をすると、より大きな効果が得られる可能性が示唆されたといっていいでしょう

 

豊富に含まれるカリウムが高血圧解消に役立つ

ところで、なぜ、ゴーヤは糖尿病に対してこのような効果をもたらすのでしょうか。ゴーヤには、インスリンと似たような作用をする成分が含まれているとされています。この成分は、「植物インスリン」と呼ばれています。つまり、ゴーヤを摂取することで、ゴーヤ中の植物インスリンが、膵臓から分泌されるインスリンの代役をしてくれると考えられるのです。また、ゴーヤには、チャランチンという物質が含まれています。このチャランチンには、膵臓のβ細胞の働きをよくする作用があると考えられています。ゴーヤの血糖降下作用には、このチャランチンの働きもあるでしょう。また、高血圧にも、ゴーヤが有効であることもわかっています。
ゴーヤ100g中には、260mgのカリウムが含まれています。このカリウムが、高血圧の原因となる体内の余分なナトリウムを排出してくれるのです。

 

ゴーヤは、肥満の解消にも役立ちます。

私たちが食事から得るブドウ糖は、血液中に入ると、インスリンによって各細胞に取り込まれます。ゴーヤの植物性インスリンなどの作用で、インスリンの働きが補われると、余分なブドウ糖が血中に残りにくくなります。食べたものも効率よくエネルギーとして燃焼させられますから、基礎代謝も上昇し、この結果として、ダイエットに役立つことになるのです。そもそもゴーヤは、100gで17 kcalしかありません。油で炒めても、53 kcalにふえるだけですから、ゴーヤ自体がとても低カロリーな食品なのです。加えて、ビタミンCの効果もあります。ゴーヤ100g中には、ビタミンCが76mgと、豊富に含まれています。ビタミンCは、優れた抗酸化作用があり、シミやソバカス、シワやたるみなどの予防・改善にも役立ちます。通常、ビタミンCは熱を加えられえると、壊れてしまいます。ところが、ゴーヤのビタミンCは熱に強く、分解されにくいのです。つまり、ある程度加熱しても、壊れずに残っているのです。この点も、ほかのビタミンCの多い食品との大きな違いということができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です