オクラの栄養と効能と保存方法と旬は!ペクチン、カリウム、β-カロテンタップリ健康効果な食材!

オクラの栄養と効能と保存方法と旬は!ペクチンタップリ健康効果な食材!

こんにちは!今日は曇っています。湿度が高いので過ごしにくいです。最近は野菜を植えました。、ピーマン、オクラを植えました。オクラの苗を沢山植えたので、沢山育ったら食べきれません。食べきれない時は、子供や近所の方にあげましょう。そこでオクラの効果や成分を調べてみようと思います。ネバネバ食品は身体に良い事は、聞いたことがあります。

 

オクラは夏野菜としても有名です。日本国内では温室栽培で比較的どの季節でも入手しやすい野菜で、その食感は独特でネバネバとしているが、皮の内側にはたっぷりと栄養が含まれている

👆👆私が植えたオクラです!

 

オクラの成分と効果

1、ペクチン

オクラの中身はネバネバとしているが、そのネバネバにはペクチンという身体によい栄養もたっぷりと含まれているのだ。ネバネバから摂取できるペクチンが豊富に含まれている食材は少ない。オクラを食べることで不足しがちな栄養を補える可能性もあります。

2、β-カロテン

人間にとって、顔色が良ければそれだけ健康に見える。オクラに含まれているβ-カロテンは、皮膚の元気に関係しています。顔色を健康的に保つことに役立ちます。

3、カリウム

カリウムは骨を形成することに必要な成分です。子どもの成長期には欠かせない栄養の一つです。オクラにはそんなカリウムがたっぷりと含まれていて、カリウムは血圧を健康に保つ為にも欠かせないです。オクラは血圧が高めの方にも嬉しい食材です。

 

オクラの旬は夏

オクラは輸入からも入ってくる食材なので、一年中流通しています。しかし国産のオクラの旬は夏です。その為国産の美味しいオクラを味わいたい場合、夏場に購入することをおすすめします。

 

オクラは冷凍でも保存可能

食べきれないオクラは冷凍保存も可能です。一度下茹ですることが理想だが生でも問題はありません。冷蔵庫に入れておくだけよりも長く保存することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です