みょうがの成分と効能は!血液サラサラ、むくみをとる、頭をスッキリ、抗酸化作用など!

 

こんにちは!あと2ヶ月もしたら、暑い夏がやってきますね。夏はそうめんを食べたくなりますね。わたしはそうめんにみょうがを添えて食べます。みょうがは好きでも嫌いでもないです。みようがは薬味として使われることがほとんどで、冷奴にのせたり、そうめんに添えたりしますね!私のおじさんがみようがを味噌漬けにしてたので、食べたら凄く美味しかった事をおぼえています。

ミョウガはショウガ科ショウガ属の多年草で、原産は日本とも中国とも言われています。ミョウガは、爽やかさと苦味をあわせもった独特の香りをしています。

味はわずかな辛味に加え、少し独特なえぐ味があるので、苦手な人もいるのではないでしょうか?みょうがの旬は2回あり、7月~8月にかけて収穫されるものを夏みょうが、9月~10月にかけて収穫されるものを秋みょうがといいます。夏みょうがより秋みょうがの方が色・香りともに良く、粒も大きいです。

 

みょうがの効果・効能は!

みょうがの成分は、ほとんどが水です。

◆ 余分な塩分を排出してくれるカリウムが含まれているので、みょうがは体内の水分調整をしてむくみをとります。

◆ ドロドロになった血液をサラサラにしたりします。

◆ 眠気を覚まし、頭をスッキリさせる効果

◆ 胃腸の健康を保ち、食欲増進や消化を促進させる効果

◆ 血行を良くし、貧血を改善したり、血圧を下げたり新陳代謝をあげたりする効果

◆ 口内炎や舌炎、風邪によるのどの痛みを緩和する効果

◆ 抗酸化作用による眼精疲労の改善や眼病の予防鎮静作用、鎮痛作用、解熱作用、解毒作用

 

みょうがの栄養成分は!

みょうがの成分は、ほとんどが水です。それにより水分補給と栄養補給を兼ねられるために、夏に食べるとよいものとされているようです。

◆ 水以外には、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、ビタミンB群、Cなどを含んでいます。
みょうがの香り成分はアルファピネンといい、ひのきに含まれるものと同じです。また、

◆ みょうがのカロリーは100gにつき12kcalです。

 

みょうがの基本的な使い方と食べ方

◆みょうがは薬味として使われることがほとんどです。小さく切って冷奴にのせたり、そうめんに添えたりするといいでしょう。

焼きナスとイカの香味醤油かけ◆シャキシャキのみょうがをたっぷりのせて

調理時間20分(エネルギー135kcal塩分2.0g→1人分)
材料(2人分)

・いか 1杯

・なす 3個

・みょうが 2個

・塩 少々

・しようゆ 大さじ1

・酢 小さじ1

・みりん 小さじ1

つくり方

①いかは足を抜いてわたを取り、足は火が通りやすいように開く。全体に塩をふる。なすはへたを取る。

②ナスとイカを焼き、いかの胴となすは輪切り、いかの足は食べやすく切り、器に盛りつける。

③みょうがは小口切りにし、調味料を加え混ぜてイカ、ナスにかける。

(キッコーマンのレシピより。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です