ぶどうの栄養と効果・効能は!疲労回復、老化防止、高血圧の人に!その1

ぶどうの栄養成分と効果は!

 

秋が旬の果物のイメージが強いぶどうは、食べたらとまらなくなってしまいます。私は種のない小さいブドウ、デラウェアが大好きです。二番目に巨峰が好きです。秋になったら買って何気なく食べていますが、今回はぶどうに含まれる栄養成分と嬉しい効果についてまとめてみました。さっそくぶどうの栄養成分についてみていきましょう。

 

ぶどうに含まれる代表的な栄養成分は?

ぶどうには、健康維持には欠かせない凄い栄養成分が含まれています。これらの栄養成分が、私たちにもたらすうれしい効果をもたらします。下記はぶどうに含まれる代表的な栄養成分です。

 

ブドウ糖、クエン酸、リノール酸、ビタミンA、B1、B2、Cカリウム、カルシウム、鉄分、リン、亜鉛、ペンタペプチド、などです。上記以外の栄養成分のうち、
カテキン、アントシアニン、レスベラトロール、プロアントシアニジン、タンニン
これら5つは、すべてポリフェノールの一種となっています。

また、ぶどう1房(204g)あたりのカロリーは120kcalで、低カロリー食品です。

次はぶどうの栄養成分が私たちのカラダにもたらしてくれる、ブドウの効果・効能について見ていきましょう。

 

ぶどうの栄養と効果・効能

ぶどうの効果①疲労回復

ブドウ糖は、体内に取り込まれると素早くエネルギーに変換されるために疲労回復に効果的と言われます。そのため体の疲労回復に大きく貢献してくれています。また、ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源であるともいわれていますので、頭を使う仕事をする人などには、脳のエネルギー補給としてぶどうを食べると疲れから早く回復します。

 

ぶどうの効果②病原体やウイルスから守る

ぶどうに含まれるビタミンCには、免疫力を高めて病原菌やウイルスから体を守ったり、若々しい肌を保ったりする効果があります。また、ビタミンB1には糖質の代謝を促進する効果があり、ビタミンB2には脂質の代謝を促進する効果が期待できます。

 

ぶどうの効果③高血圧の人におすすめ

ぶどうには、特にカリウムの含有量は多く、カリウムには、塩分の排出を促し、体内のミネラルバランスを正常に保つ働きがあるとされる。高血圧の方などには特におすすめです。

 

ぶどうの効果④老化防止

ぶどうに含まれるポリフェノールの一種・レスベラトロールは、長寿遺伝子を活性化させて寿命を伸ばすという発表をアメリカの研究チームがしました。
ぶどうの種にはポリフェノールの一種で、強力な抗酸化力を持つプロアントシアニジンという成分が含まれていて、私たちの細胞の老化の原因になる活性酸素の除去に活躍してくれます。

 

ぶどうの効果⑤脳機能の低下を防止してくれる

今度はまた話が果肉に戻りますが、果肉に含まれるペンタペプチドという物質には、物忘れや、頭がぼーっとするなどの脳機能の低下を防止してくれるはたらきがあると言われています。このペンタペプチドは、ピオーネ、巨峰といった、紫色で粒が大きいぶどうに多く含まれているので、脳のはたらきをアップさせたいならそれらの品種を選んで食べるようにするのがオススメです。

 

ワインやぶどうジュースのおすすめ

ぶどうの栄養を手軽に摂るならワインでも、もちろん良いですが夕食に限らず、毎朝ぶどうジュースを飲む習慣をつける事がおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です