さんまの栄養成分と効果は!おすすめ秋食材

こんにちは。今日は風かあって過ごしやすい日です。秋らしい1日です。家族で公園に行き遊んでいました。秋は夏の疲れがドーッとやってきます。食欲を失いがちな夏を乗り切り、弱ってしまっている身体を元気にしてくれる秋の食材にはどんな物があるでしょうか?夏場を乗り切った今だからこそ食べたい秋の食物の紹介です。おすすめの秋食材:さんま、秋鮭、りんご、さつまいも、長芋ですが、今回はサンマの成分や効果についてのご紹介です。

コレステロールが気になるあなたは、サンマを食べてみましょう。サンマには栄養豊富で、多くの効能があることが知られていました。サンマは、抗酸化作用でコレステロールを低下させ、動脈硬化を防ぐ効果があるDHAやEPA、ポリフェノールなどを多く含んでいます。

 

さんまの栄養成分は?

さんまにはDHA・EPA・ビタミン・カルシウム・鉄分など体に良い栄養成分がたっぷり含まれています。

 

サンマの効果

・さんまのEPA、DHAは病気の予防に効果

さんまに含まれるEPA(エイコサペタンエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)には、血液をサラサラにする成分や脳細胞を活性化させ、頭の回転を良くする効果があります。それにより脳梗塞や心筋梗塞などの病気の予防、痴呆症やアルツハイマー型認知症等の予防に効果があるとされています。

 

・コレステロール値の低下

サンマに含まれるDHA、EPAには、血中の中性脂肪や、悪玉コレステロールを減らす効果があります。
また、サンマに含まれるタウリンにも、コレステロールの代謝を促進する効果があると言われています。

 

・血液をサラサラに

EPAには、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化や、心筋梗塞の予防に効果的です。

 

・眼精疲労に効く

サンマに含まれるビタミンAには、眼を健康に保つはたらきがあります。人間の視覚認知に欠かせないロドプシンと呼ばれる色素体をつくるのに、ビタミンAが必要となります。サンマを食べることでビタミンAを摂取でき、眼精疲労や、夜盲症などの予防・改善が期待できます。お仕事などで長時間パソコンと向き合っている方は、意識して摂取するとよいかもしれませんね。

 

・骨や歯などをつくり骨粗しょう症の予防に

カルシウムといえば、骨や歯の主な成分です。カルシウムは、骨や歯の健康維持に必要不可欠です。不足すると、骨が弱くなり、骨粗しょう症になってしまうこともあります。また、サンマに含まれるビタミンDには、腸からのカルシウムの吸収促進、血液中のカルシウムの運搬、骨をつくる細胞の活動促進など、骨の形成を促進するはたらきがあります。カルシウムとビタミンDの相乗効果が期待できるので、サンマを食べると、効率的に骨を強化できます。

 

・さんまには美容効果がある

さんまはビタミンを豊富のため、美容効果があります。皮膚や粘膜を丈夫にし、ニキビなどの肌トラブルを防ぐ効果があります。またDHA・EPAは、内蔵脂肪を減らす効果があり、血液の流れを良くし代謝を助けダイエットにも効果があるとされています。

 

・さんまの他の働きや効果は!

ほかにも、血液の凝固作用や、筋肉の収縮、精神の安定などのはたらきがあります。またさんまに含まれる鉄分は貧血を予防します。成長期に必要なカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンDなどの栄養成分も多く含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です